トイレトラブルは忘れた頃に起こるもの

私の実家にはトイレが2つ、2つともリフォームをした時に新しくしたものですが、私が使っているトイレにはウォシュレット機能は付いていません。

起床して真っ先に向かうのは私専用のトイレ、私専用と言っても2階には誰も上がって来ないため必然的に私専用になっているに過ぎません。起床後に真っ先に向かうのは目覚めのオシッコをするためのトイレ、オシッコを済ませてからは便座を下ろし、そして最後にレバーハンドルを回してオシッコを流すのは毎回行われる一連の流れ、この流れは自分でオシッコが出来るようになってから40年近く行ってきたため無意識でも間違いなく行うことが出来ます。

いつものように最後にレバーハンドルを回すと、いつもとは違う感覚、この感覚は以前、タンクに水が溜まっていない時に体験しているため、タンクを開けて覗き込むとやはり水は入っていませんでした。

以前はフロートバルブに問題があったのですが、今回は見る限りでは問題がなさそう、困ったなと思った矢先に「ピンポン」とチャイムが鳴ったため、外に出るとお隣さんが晴天にもかかわらず傘を差して立っていました。

トイレに水が入っていない理由は、1階から2階に通じる水道管に亀裂が入っており、水をトイレまで送ることが出来ていませんでした。水道管の亀裂箇所は、地面から2メートルほどの高さ、手を伸ばしても届きそうで届かない位置のため、亀裂箇所を覆うことも出来ず、24時間対応している埼玉水漏れ業者さんを呼んで対応してもらいました。

水道管の一部を切り取って繋ぎ替えるだけのため、所要時間は1時間も掛かりませんでしたが、梯子も脚立もない我家では修理が出来ず助かりました。

お風呂場が浸水

ある日シャワーを浴びていると排水溝が詰まったらしく、水が流れなくなってしまいまい困りました。

我が家のお風呂は集合住宅の古いタイプのものなので、髪の毛などが流れてしまい詰まったのだと思っていました。
ですが、いくらパイプクリーナーの薬を使っても取れないので、父親に相談したら、細長いワイヤーみたいなものを持ってきてくれました。

5メートル位のものでした。それを排水溝に入れると、ねじりながら排水溝の奥へと通していきます。
排水溝に入れてすぐに、引っ掛かりがあるみたいでした。その後5メートル位の所で止まりました。すると、父は配管が見える位置に移動してワイヤーが出てるか確認しました。ゴム手袋が詰まっていたそうです。掃除した時流れていって、排水溝のふたの劣化で詰まってしまったようでした。

父親がいうには、排水溝の出口は家の外につながっているので、それまでの長さが確認できれば配管の詰まりは解消できるそうです。
ちなみに、ワイヤーはホームセンターなどで売っているので、長いものだと10メートルもあるそうです。
配管は、家の近くの用水路につながってるそうなので詰まる前に確認して、業者に頼むか決めた方がいいそうです。業者に頼むと高いので…。

ただ、水漏れ修理業者は怪しいので、