ボイラーの水道管凍結

昨年の夏のことでした。夜間に、さてシャワーを浴びようとすると水が出てこないのです。

すでに衣類は脱いでおり、汗まみれの状態で洋服を再度着なおしてから、自宅のボイラー言われる場所へ向かいました。スイッチを押したり、コンセントをはめ直したり、試行錯誤して再度蛇口をひねるとなんとか水が出てきました。

その後も何度か水が出ないことがありましたが、気まぐれのことなので業者には連絡せず様子を見ました。というのは、以前水のトラブルで深夜に水漏れトラブル業者に電話すると、翌朝しか向かえませんと断られました。そして翌日にも、午後になりますと言われ、結局夕方にしか来てくれず、訪れてから冬場の屋外作業なので断られていたことがわかりました。24時間レスキュー隊なのになぜかと不審に思いました。

そのときの業者さんから、世間の人たちは調子が悪い機械でも騙し騙し使っていると聞いたので、すこしばかりの不調には、様子を観察しておこうかということになりました。結局水道管が破裂してもレスキューで1日後にしか対応してくれないなら業者に期待できないなと。
できる限り自分で解決するしかないかと思いました。

今時なかなか無い?バランス釜式のお風呂

激安の賃貸物件を見つけ飛びつきました。広いのに何故こんなに安いの?!内見に行って納得、綺麗なんだけどお風呂に給湯器が付いていなくてバランス釜でした。

湯船に浸かる習慣がなく、ほぼシャワーで冬も済ませていたので不安があったけど広さには変えられずそこに決めました。

春に越したのでバランス釜特有のシャワーの弱さが全然気にならなかったのですが、冬になりさすがに寒くてパワーを上げると更にシャワーが弱くなり、とてもじゃないけどシャワーだけじゃ体が温まらない!と思うようになっていました。

そんな時ちょうどバランス釜本体の不具合が。火が点いたり消えたりで温度が一定しなくなってしまいました。ただでさえ寒いのに水になる瞬間が…

安くて飛びついたこの部屋を選んだ自分を後悔しました。お風呂は毎日の事だし、壊れて入らないわけにもいかず、すぐ管理会社に連絡してガス屋さんに来てもらいました。

これを機に大家さんが給湯器を付けてくれないかなぁ?と淡い期待を寄せましたが、結局新しい型のバランス釜をつける事になりました。

すぐ治りましたが、新しくなってもやはり冬場のシャワーの勢いは増すわけでもなく寒いまま…
湯船に浸かる習慣のある方は気にならないかも知れませんが、やはり今時、お風呂がバランス釜って不便です。追い焚きできるからいいね!と思ったんですが追い炊きもそんなにしなかったし、単身だったら普通のユニットバスをお勧めします。壊れやすいですしね。勉強になりました。

洗濯機の排水溝が詰まった!

賃貸のマンションに住んでいた時、洗濯機が室内置きでキッチンの水回りの隣に置き場がありました。

洗濯物をまわしつつ料理を作っていたら足元がじわ?っと。一瞬何が起きているのか分からなかったんですが、よく見ると洗濯機の排水を流す台が水でいっぱい!そして溢れてきたのでした。

自宅にいる時に発見できたから良かったものの、朝仕事に出る時タイマーなどで洗濯をする事もしばしば。下の階に水漏れしてたら…と怖くなりました。

様子を見ながら洗濯機を使っていたけど、いよいよ毎回水が溢れるように。排水溝の詰まりを溶かす液体を何度かやってみたけど全く効果無し。そうですよね、髪の毛じゃなく布の繊維やホコリが詰まっているんだから溶けないですよね。ならば!と、トイレのスッポン!をホームセンターで勧められたので買って試したけどこれもダメ。

長いブラシのような物で掃除を勧められたのですが建物が古く、排水管も曲がりくねって複雑に付けられていたのでそれもダメ。

仕方なく管理会社に連絡し、修理してもらう事にしました。管理費が家賃に含まれていなかったので自費になるのかな?と自力で頑張って来ましたが、今回の排水口の詰まりは建物側の問題ということになり、業者さんに直してもらいたがお金を払う事はありませんでした。ホッとしました。水回りのトラブルって内容にもよりますが何だかものすごく修理費がかかってしまいそうなイメージが強くて、かなり身構えてしまいました。

業者さんの修理はというと、結局高圧洗浄機で流したら詰まりが取れたのであっけないものでした。こんな事なら早く連絡すれば良かった?と思う出来事でした。

人生初のお風呂凍結事件です。

今から6年前の話しです。今住んでるアパートのお風呂と洗面所の水道管凍結しました。

僕の住んでるところは北海道です。なので冬は水道管凍結に注意してくださいってテレビなどでよくテロップが出るときがあります。ですが北海道に住んでいながら水道管凍結なんて出くわしたことなかったし人生の中でも一度もなかったです。ところが6年前に人生初の水道管凍結をしました。

原因は外の排気口がオープンになっていたこととその日急激に冷え込んだことが原因でした。洗面所の蛇口を開いてもお湯も水も出なくて風呂場も同じくお湯に水もでない。しかしながら台所とトイレは異常なしです。なので最初は水道管凍結じゃなく何か他の原因でお湯や水が出ないのかなって思って大家さんに電話して直ぐに見てもらいました。

大家さんは建設会社の社長さんです。実際は社長さんの奥さんが大家さんです。直ぐに社長さんの社員がきていろいろ調べてくれたら水道管凍結って言われました。

今回は初めてだから料金はタダでいいよって言ってくれました。何かわからないけど発電機みたいなので蛇口を温めてそれから間もなくお湯に水が出るようになりました。

なのでそれからは排気口は必ず11月になったらクローズにするようにしています。それからは水道管凍結はないですね。人生初の水道管凍結事件でした

キッチンの排水ホースの詰まり

元々は流し台を設置していて、それを某有名メーカーのシステムキッチンに入れ替えて4年目。ある日気が付きました。水の流れが悪くなっていたのです。

何か詰まっているのかと思いキッチンのトラップ部分を上から開けて見ました。野菜の切れなどが入っていたので取り除くも、トラップ内部には油がヘドロの様に付着していました。

これでは流れが悪くなるのも当然だと思い、キッチンハイターを大量にかけて、時間を置き流してみました。ですが、一向に流れは良くなりません。油汚れも取れてトラップ内部も綺麗にしたのに何故流れが悪いのか疑問に思いました。

トラップのまだ先に原因があるかと思い、キッチンの引き出しを初めて外しました。排水ホースが原因かもしれないと思い、プラスドライバーで蓋を外し、排水ホースを取り外しに掛かります。仕組みが良く分からず、苦戦しながらも何とか排水ホースを外す事が出来ました。

何か詰まっているのか真っ直ぐにして除いて見ると、何も見えず空洞になっていない感じです。外に持ち出し、ホースを入れて勢い良く水を流し込んでみました。

すると、勢い良く飛び出しきたのは油のかたまりと、2年ほど見かけなかった私の一本の箸でした。何故、箸がどの様にして排水ホースに入ったかは謎でしたが、ようやく明らかな原因が分かり、復旧作業に掛かりました。

今回、苦戦しながらも何とか自分で原因を突き止め、早々と業者に依頼しなくて良かったと感じました。4年間も手入れしなかったので仕方ないと思い、それからというもの、キッチンは1年な1回は必ず点検する事にしました。