今から6年前の話しです。今住んでるアパートのお風呂と洗面所の水道管凍結しました。

僕の住んでるところは北海道です。なので冬は水道管凍結に注意してくださいってテレビなどでよくテロップが出るときがあります。ですが北海道に住んでいながら水道管凍結なんて出くわしたことなかったし人生の中でも一度もなかったです。ところが6年前に人生初の水道管凍結をしました。

原因は外の排気口がオープンになっていたこととその日急激に冷え込んだことが原因でした。洗面所の蛇口を開いてもお湯も水も出なくて風呂場も同じくお湯に水もでない。しかしながら台所とトイレは異常なしです。なので最初は水道管凍結じゃなく何か他の原因でお湯や水が出ないのかなって思って大家さんに電話して直ぐに見てもらいました。

大家さんは建設会社の社長さんです。実際は社長さんの奥さんが大家さんです。直ぐに社長さんの社員がきていろいろ調べてくれたら水道管凍結って言われました。

今回は初めてだから料金はタダでいいよって言ってくれました。何かわからないけど発電機みたいなので蛇口を温めてそれから間もなくお湯に水が出るようになりました。

なのでそれからは排気口は必ず11月になったらクローズにするようにしています。それからは水道管凍結はないですね。人生初の水道管凍結事件でした

コメントを残す

*