元々は流し台を設置していて、それを某有名メーカーのシステムキッチンに入れ替えて4年目。ある日気が付きました。水の流れが悪くなっていたのです。

何か詰まっているのかと思いキッチンのトラップ部分を上から開けて見ました。野菜の切れなどが入っていたので取り除くも、トラップ内部には油がヘドロの様に付着していました。

これでは流れが悪くなるのも当然だと思い、キッチンハイターを大量にかけて、時間を置き流してみました。ですが、一向に流れは良くなりません。油汚れも取れてトラップ内部も綺麗にしたのに何故流れが悪いのか疑問に思いました。

トラップのまだ先に原因があるかと思い、キッチンの引き出しを初めて外しました。排水ホースが原因かもしれないと思い、プラスドライバーで蓋を外し、排水ホースを取り外しに掛かります。仕組みが良く分からず、苦戦しながらも何とか排水ホースを外す事が出来ました。

何か詰まっているのか真っ直ぐにして除いて見ると、何も見えず空洞になっていない感じです。外に持ち出し、ホースを入れて勢い良く水を流し込んでみました。

すると、勢い良く飛び出しきたのは油のかたまりと、2年ほど見かけなかった私の一本の箸でした。何故、箸がどの様にして排水ホースに入ったかは謎でしたが、ようやく明らかな原因が分かり、復旧作業に掛かりました。

今回、苦戦しながらも何とか自分で原因を突き止め、早々と業者に依頼しなくて良かったと感じました。4年間も手入れしなかったので仕方ないと思い、それからというもの、キッチンは1年な1回は必ず点検する事にしました。

コメントを残す

*