私が以前住んでいた賃貸物件でのことです。築15年のメゾネットタイプのアパートでした。
このアパート、下水関係があまりよくなく、度々問題がおこりました。
まず、下水はよく詰まっていた為、トイレなどの流れもよくありません。

部屋によっては、よく詰まりその度に業者を呼んでいる住民の方もいました。
特に雨が降ったりすると、下水の臭いや、大便の臭いもわっと部屋の中に広がります。
玄関付近にトイレがあったのですか、玄関に入るなりもわっと臭い臭いが広がるのです。
家に帰ってきた瞬間、臭い臭いがするので、嫌な気分になりますね。
また、部屋のトイレの水がとまらなくなりました。
結局、京都水道業者に依頼し、修理をお願したのですが、シンク内のパーツが故障したようなのです。

流す度に大量の水流が勢いよく流れるなと、途中から思ってましたが、やはり壊れていました。
このように賃貸物件の水周りは、住んでみないとわからないところがあります。
トイレなどは、毎日使用しますから、壊れたら厄介です。

コメントを残す

*