洗面所の水漏れを甘く見ていました

自宅で予期せぬトラブルに見舞われたときには焦るものです。私の場合、それは水漏れでした。もう少しであわや大惨事ということになりそうだったのです。
舞台となったのはユニットバスの洗面所で、それまでにも何度も蛇口から水漏れがしていました。ネジが緩んでいるのが原因でしたので、その度に自分で工具を使って処置していました。ネジを回すと水漏れはしなくなったので、これで大丈夫だろうと安心していたのですが、悲劇は突如訪れることになるのです。
ある夜、外出先から帰ってきたときのことです。玄関からリビングに向かおうとすると、足元がひんやりとしました。床が水浸しになっていたのです。私は頭が真っ白になりました。何が起きているのかすぐに理解できなかったのです。
ユニットバスに向かってようやく状況がつかめました。このトラブルには不運が重なっていました。1つは蛇口のネジが破損して水が出っぱなしになっていたこと、そしてもう1つは排水溝が詰まっていたことです。出続ける水は逃げ場を失って、ユニットバスの外に流れ出してしまったというのが、事の顛末でした。
足首よりも上のあたりまで水が溜まっているユニットバスに入った私は、急いで排水溝のゴミを取り除きました。しばらくするとそこに向かって水が流れていったので安心したのですが、ネジが破損した蛇口に対処することは不可能でした。結局、業者を呼び、直してもらったのです。
今回の件に関しては予兆がありました。以前に何度か水漏れを起こしていた時点でちゃんと業者に頼むべきだったと反省しています。2度と水のトラブルはごめんです。今回のことを肝に銘じて、今後に生かしたいと思います。